ファーストミットの特徴と型付けの方法

ファーストミットの特徴と型付けの方法

ファーストは、キャッチャーと同様特殊な捕り方をします。

これは、ベースに足をつけたまま野手が投げたボールを捕ることが多く、下半身がやや動きにくい状態で捕球するという意味でキャッチャーミットとよくています。

ファーストミットのイラスト

ファーストが使うファーストミットは、縁が薄くより内野手として動きやすい形になっており、送球を受けることはもちろんですが、ゴロの処理や中継プレイなどもあるため、キャッチャーミットよりも細長く深くなってることが特徴です。

今回は、このファーストミットの特徴と型付けの方法についてご紹介します。

ファーストミットの各名称と動き

ファーストミットは、主に小指ブーメランと言われる名称の部位が独特の形で、小指の効きが伝わりやすくな利、ひらかけによって捕球しやすいようポケットを深くしています。

ファーストのミットの各名称を説明したイラスト
ファーストのミットの各名称を説明したイラスト

外側にかけて捕球面の折り返しがつくことで、ポケットがしっかりできるように折り返します。

スポンサーリンク

ファーストミットの2つのタイプ

ファーストミットは、いわゆる縦型のグラブ・ミットの代表で、通常の1本掛けのタイプと小指2本掛けの2つのタイプがあります。

小指2本掛けのミットは、小指掛けのところに小指と薬指を2本入れ、薬指入れに中指。そして、中指入れに人差し指を入れて使います。

こうすることによってボールを捕りに行くときに脇が締まり、親指が立つことでボールをしっかり握り、はさむようなイメージで捕ることができます。

脇を締めて捕球にいくファーストの選手

スポンサーリンク

ファーストミットの理想の型

ファーストミットの性質や特徴は、外野用のグラブとキャッチャーミットの中間に位置するグラブです。

ミットは、親指と小指がよく効くことが重要で、閉じたときに二等辺三角形型になるミットが理想的な形で、この形は机の上に置いてあるボールをピンセットのようにつかむことができます。

ピンセットのような型を作るイシハラタカシさん
写真:イシハラタカシ より

ファーストミットは、細かいプレイを求められる場合にこのピンセットのようにミットを使うことができるかどうかが肝心です。

ひねり捕りをしているミットも、先がきれいに合わすことができず、ピンセットのように使うことができなくなるので注意が必要です。

ピンセットのような型を作るイシハラタカシさん

スポンサーリンク

自分のファーストミットを持つことの重要性

試合の中でキャッチャーの次に捕球回数の多いのが、ファーストです。

ひとつのファーストミットをチームの中で使いまわししているという話を聞くことがありますが、チームで使い回すことでその分早く傷んでしまい、手入れもおろそかになりがちです。

ボケットが潰れているようなミットで使いまわされたミットで守備につき、捕ることに不安を覚えないよう、自分自身が信用できるファーストミットを使うということが、内野手からのボールでアウトをひとつひとつ確実に稼ぐために、非常に重要なことになります。

スポンサーリンク

ファーストミットの型付けの方法

ファーストミットは、なるべく深く広くポケットを作るイメージで、メインでボールを捕る場所の第1のポケットと、その周囲全体で捕る場所の第2のポケットで2段階のポケットを作ります。

第1のポケットを作るには、ファーストミットのポケットにしたいところにボールを一つ入れ、上からミットに色々な方向から体重をかけます。

ファーストミットにボールを当てる野球ショップの店長
ファーストミットにボールを当てる野球ショップの店長

この第1のポケットが、メインでボールを捕る位置になります。

もし新品で硬い状態のミットであれば、ミットに色々な方向から体重をかける前に、ボールをミットに入れない状態でミットが理想的な形で閉じた場合を描きながら、親指側を折ってからポケットを作っていく方法がありますが、様子を見ながらこの部分をおることが必要なので、やりすぎに注意して行いましょう。

ファーストミットの親指部分を折るイシハラタカシさん

次に、すり鉢状に型をつけるイメージで、第1ポケットの周囲全体に第2のポケットを作ります。

第2のポケットは、叩き台の上で明き棒を使って作っていき、ミットを時計回りに回しながら叩いていくことがポイントです。

叩き台の上で明き棒を使って作っていく方法

また、バッティングセンターなどで、適度な速度のボールを捕ることで、第1第2のポケットを作っていきます。

適度にポケットができたかをチェックするには、ボールをミットのポケットにあて、ボールが踊らずポケットにおさまるようになれば、ポケットの出来上がりです。

ボールをミットのポケットにあててチェックをする人

これが2段階のポケットの作り方で、理想のファーストミットを作るひとつの方法です。

用具カテゴリの最新記事